今日8月12日ライオンゲートが閉まる日

ようこそPrecious☆Soulへ

御盆休み真っ只中
みなさま楽しい休日をお過ごしでしょうか(*^-^*)

台風10号が近づいてきてますね
西日本の進路にあたる地域のみなさま
どうぞお気をつけくださいね。
我が家も明日くらいに天気予報を見てベランダ片付けねばです(;^ω^)

そして今日12日は日航機墜落事故から34年
1985年8月12日に起きたんですよね。
亡くなられた方々の魂が癒されますよう祈らせていただきます。

タイトルのライオンゲート
マヤ歴の元旦にあたる7月26日から開き始め
8月8日がピークになり12日に閉まります。

「ライオンゲート」とか「ライオンズゲート」とか「スターゲート」とか
呼び名もいろいろあるようですが(;^ω^)

12日に閉まった後も宇宙から膨大に降り注がれたエネルギーの影響は
秋ごろまで続くようですね。
ライオンゲート

======================================

ライオンズゲートがもたらすアセンション症状
この浄化の時において、現在、集合的に経験している主要なテーマがいくつかあります。

1.肉体的症状

疲れ、だるさ、頭痛、病気、ウィルス性症状、湿疹、筋肉や関節の痛みなどがあります。

たっぷりの水を飲み、心が軽くなり、生き生きとするヘルシーな食事を摂ってください。ゆったりと休息を取り、静かに過ごしましょう。あなたという存在の全体に、光のコードが取り込まれることを意識してください。自分に優しくしましょう。あなたの体を愛し、尊重してください。

2.依存症と乱用

食べ物、性的行為、ソーシャルメディア、インターネット、ドラッグ、アルコール、ヘルシーでない人間関係などに依存しないよう注意しましょう。あなたの人生にバランスとハーモニーをもたらすことはありません。自分の感情をよく理解・サポートし、物理的な条件反射に従わないようにしましょう。

3.感情の投影

恐れや怒りなどから誰かを攻撃したり、自分の幻想、欲望、心の傷や痛みを人間関係に投影してしまい、相手を傷つけたり、自分を縛り付けたりすることがあります。こうしたことが起きるなら、幻想から目を覚ます時です。痛みに支配され続けるのか、ハートから行動するのか。あなたは選択を迫られることになります。

4.家族の傷

家族の中に根付いている傷や先祖のカルマのうち、既にクリアしたと思っていたものが、ここへ来てフラッシュバックすることがあります。

古い傷のもたらす感情のパターンとサイクルを繰り返し経験することには、もはや共鳴しなくなります。その状態のままでいたいとも思わなくなるでしょう。そのようなサイクルの中に自分のエネルギーを投入することには、意味がないからです。

5.経済的な不安

特に変化の時期には、欠乏や損失への恐れや、経済的な不安に苛まれることがあります。単に金銭的な利益を得るために、あなたの魂の統合性にふさわしくないものを続けるか、それとも魂を尊重するのか。選択権はあなたにあります。

あなたには力があります。未来だけでなく、現在のこの瞬間すら自由に思い描き、作り出す力が、あなたにはあるのです。

2018年アセンション予報 8月3日付 ”ライオンズゲートがもたらすアセンション症状”より

======================================

所謂「自己覚醒」へと進むために向き合うべきことが浮上してくるということです。
ここは逃げずにデン!と腹をくくって向き合うしかないですね(笑)
向き合って超えた先に次へのステップへと進んで行けるのです。
それは、今まで苦しかったことが苦しいと思わなくなったり、気にならなくなるんですよね。

でも苦しいとか辛いのは嫌だと逃げることを選択するならそれもOKだと思います。
自分の選択なので(*^-^*)

スピリチュアルやってるやってない、信じる信じなとか関係なく
お盆やお正月、お彼岸など日本人は何か特別な空気感を感じてると思います。
お墓を掃除したら清々しさを感じたり、たまにしか会わない親戚等にあったりとか(*^-^*)

そういうことでも周りの環境の変化を感じるのではないでしょうか。

自分や周りの変化感じてみてはいかがでしょう(*^-^*)

自分を見つめるお手伝いワーク、気になったらお気軽にお問い合わせください。

カウンセリング・自己創造療法・スピリチュアルガイダンス

それでは楽しい休暇を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>