【6月おススメワーク】自分らしく生きるために☆「自己受容」女性性の解放ワーク

2013年の年末にkanakoさんからSVを受けた時に
アマテラスからの熱いメッセージをいただき
錬金術のSVを受けできたエネルギーに青いの叡智・水のエッセンス等入れていただき
構築したワーク
自分らしく生きるために!
「自己受容」女性性の解放一斉ワーク

HJ149_350A-01

『自己受容』って言葉良く聞きせんか?
字のまま自己を受容する・・・自分を受け入れる・自己承認する・自分の事を好きになるetc・・・
と色々言い方はありますよね。

でも
今まで自分に自信がなく生きて来た
自分が嫌いで別人になりたくて生きて来た
自分なんて。。。って否定し続けて生きて来た
ダメダメ言われ続けて生きるのが辛くなるくらいの思いを引きずって生きて来た

そう思って何年、何十年生きてきて「自己受容」が大切、「自己否定」はよくないと言われても
じゃ~どうしたらいいのさ~~
そんな簡単に自分を好きになれない、自分を受け入れられないって思いますよね。

「自己受容」なかなか簡単にいかなかったりするかもしれません。

でも意識は変えていけるのです。

心の問題の絡まった紐解きのお手伝いをさせていただきます。
心の紐解きにおススメセッション♪
6月のおススメセッションとしてお得な価格でお受けいただけます。

「女性性の解放」=「自己受容」
女性性って感情、直観、ひらめき、受容や共感そして優しさというエネルギーのことです
その中の「受容」というエネルギーの解放

私たちが成長また変化していく中で一番難しいのは、
「自己表現」と「自己受容」なのかもしれません。

私たちはいろんなことに日常当たり前のように
ジャッジをして条件付けて生きてます。
あれはいいけどこれはダメ!
あの人の言ってることは間違ってる!
本当はこうあるべき!

また自分自身にも条件を付けてしまって生きて来てませんか?
こうなりたいけどなれない自分はダメ!
あの人みたいになりたい!でも。。。
あんな風になるにはもっと頑張らないと!
またそうなれない自分に諦めてたりしませんか?

自分が楽しんで頑張れるために目標を持つのはとてもいいことだと思います。

憧れや目標を持ってそこに到達できな自分。。。
その条件に見合ってないだからダメだと自分を知らない間に攻撃してしまい自己否定してしまう

人は自分にないものを持ってるものに憧れを抱きます。
そして無い自分を否定してしまいます。
あの人ようにになれない自分はダメ!
自分には○○がないからだから
他人と同じではダメ
他人と違ったらダメなんだ。。。と

~だからダメ。。。とジャッジしてしてしまい、それが条件になってしまってるんです。
無い無い探しではなくあるある探しで私たちはたくさんすばらしいものを持っていることに気づいてください

今のこの自分でいいんだ~~!とまずは受け入れることが大切なのです照れ

豊かさ・引き寄せは自己受容と=(イコール)なのではないかと思います。

ありのままの自分に向かうためのまずは一歩前に足を出してみませんか?

~自分自身を愛することはすべての愛のベースとなる~by OSHO

こんな方におススメです
・自分が好きになれない
・他人と比べてしまう
・自分に自信がない
・自分が許せない
・自分を過小評価してしまう
・自分にないものばかり探してしまう
・人に優しくなれない
・自己否定してしまう

 

前回受けていただいた方から◆
・自分にイライラしていたのが原因が分かり腑に落ちた。
・今の自分で良いんだと思えることが多くなった。
・何かわからないけど詰まっていたものが取れた感じがした。
・他人に対しての接し方に変化があった。
・まだ自分を好き!とまではいかないけどこんな自分もいいかなって思えるようになった。
とご感想いただいてます。

 

ワーク詳細

1準備ワーク3日間

レムリアンサージャリー・錬金術を使っての準備ワーク(随時サポート付き)

2カウンセリング50分(延長なし)
スカイプまたはお電話でお話しさせていただきながら自己受容に対してブロック解除等させていただきます。
※お電話の方は通話料のご負担をお願い致します。

3ワーク1週間後グラウンディングセッション15分
セッション料金 40.000円
6月おススメ価格30.000円

今までたくさん傷ついてきて
もう傷つきたくないと閉じたものを
少しずつ開き受け入れることの始めませんか?

ご縁に感謝です
光に愛と希望と感謝をこめて

お申し込みはご予約フォームよりお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>