飼い主さんと動物さんのペアセッション

1452013_222638244572584_843952693_n
気功鍼
-肉体・精神・霊性の治癒と変容のプロセスを促進、即効性のある癒しの手法-
   
気功鍼(エナジー・アキパンクチャー)はリーブス主宰仲裕美子が1999年に、より効果的で即効性のある癒しの手法を指導するために、錬金術によって開発したヒーリング技術です。中国から伝わった伝統的な鍼灸の伝統を継承した「体の気やエネルギーの流れを刺激・活性化しよりスムーズに体を治癒に導く」気功鍼をはじめ、肉体的側面だけでなく精神的・霊的側面にも効果的に働きかける即効性のある数種類のエネルギー鍼があります。
-リーブスインスティチュートHPより-

サイキックサージャリー
サイキックサージャリーは、キリストエネルギー、宇宙的創造の叡智、錬金術などをベースとして、地上の古代文明からの伝統を継承しながら、1999年にリーブス主宰仲裕美子により開発されました。肉体や生命体の情報系やエネルギーに対して行い、内的・外的な両側面での癒しと変容を助ける画期的な技術です。器具を一切使わずに、あるいは対象に触れることなく、信頼できる方向性をチャネリングしながら行うため、安全で効果の高い癒しと変化をもたらします。
-リーブスインスティチュートHPより-

この二つのエネルギーなどを使い飼い主さんの肉体やオーラにあるいらないものや
ブロックや封印や邪気なども取り除き肉体的に疲労を感じてるところなどへ
気功鍼を打つことでそこに溜まっている疲労なども改善していきます。
また体の痛みなどは感情から来ているものもありますのでそういうものにも
とても効果が期待できます。

動物さんにも使えます。
お家の動物さんたちというのは自分だけが癒されたり元気になることを望んでいないのです。
たとえ飼い主さんが「この子にヒーリングを。。。」と言われヒーリングさせていただいても彼らは家族のだれかが癒されてなければ自分に流されたヒーリングを家族へ送ってしまいます。
だから飼い主さんも一緒に受けていただき一緒に元気になって癒されていただきたいという思いから作りました。

だからと言って
「この子の具合が悪いのは私のせいかも。。。」
「私の身代りになってくれたのかも。。。」
「この子は癒されてないのかしら。。。」
などとご自身を責めたりしないでください。

誰にでも落ち込んだりイライラしたりあります。
そいう時に一緒に受けていただきたいとも思います。
またご高齢の動物さんや保護されたばかりや
お家へお迎えされたばかりなどお互いが
「これから。。。」と不安な時には長期間お受けいただくことで
お互い安定していくことと思います。

共に歩いて行くパートナーですから
共に幸せに元気で暮らしていきたいですよね。

セッション内容

飼い主さんお一人&動物さん1頭

3日に1度様子をみて錬金術や気功鍼などの必要なワークをさせていただきます。
状態によっては2日に1度のワークをさせていただきます。
※セッション終了後スカイプまたはお電話での
25分のインタビューセッション付き

アニマルコミュニケーションを同時にお申し込みの場合
質問3つまで3000円でお受けいただけます。

◆1週間コース
ペア料金
15.000円~
多頭飼いの場合2頭目から追加料金1.500円
お申し込みのご本人様以外からの影響を受けてるかどうかも見させて頂き
追加される場合ご家族お一人につき追加料金3.000円

◆2週間コース
ペア料金
28.000円~
多頭飼いの場合2頭目から追加料金2.500円
お申し込みのご本人様以外からの影響を受けてるかどうかも見させて頂き
追加される場合ご家族お一人につき追加料金5.000円

◆1ヶ月コース
ペア料金
35.000円~
多頭飼いの場合2頭目から追加料金3.500円
お申し込みのご本人様以外からの影響を受けてるかどうかも見させて頂き
追加される場合ご家族お一人につき追加料金7.000円

※お申し込みについて
・飼い主さんのお名前
・ご住所(町名まで)
*無料の範囲ですがシャーマンのヒーリングで土地の浄化ご希望の方は
ご住所は詳しくお書きください。
・動物さんのお名前・年齢・性別
・動物さんのお写真
・現在の症状など。。。(夏バテ・熱中症など)
(通院加療中なら病名をお書きください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>